筋トレの後のストレッチが大事

筋トレの後のストレッチが大事

空手の経験者だと、練習前と練習後に入念にストレッチに時間をかける人が結構多いと思います。

 

アスリートの人でも、身体を本格的に動かす前には、じっくりとストレッチをしますが、その後のストレッチもとても重要です。

 

空手の場合でも、筋トレを重視する傾向があるのですが、筋トレで身体を鍛えても、しなやかさが求められる空手なので、常に柔軟な状態にしおかなければなりません。

 

筋力アップも言うと、どうしても常に硬い筋肉を作り上げるような印象があるのですが、決してそうではないのです。

 

あまりにも固まった筋肉は血行をも悪くなり、良くありません。

 

したがって、筋トレの後のストレッチは、とても重要なのです。

 

昔、空手の指導者の人がよく言っていたのは、筋トレを15分やるのであれば、その後のストレッチは30分やるということでした。

 

筋トレにかける時間の倍の時間でストレッチを行うということなのです。

 

極端な話かもしれませんが、あながち嘘でもなさそうでした。

 

実際には、そこまでの時間をかける必要はないかもしれませんが、じっくりとストレッチで酷使した身体を、ケアすると、翌日の筋肉痛がかなり軽くなってきます。

 

せっかく筋トレで見違えるような身体に変化させるのですから、できればストレッチで筋トレによる故障を無くしたいものです。